2012年02月

  1. 複雑なFP資格試験の体系がスッキリわかる(02/06)
  2. FP資格がないとFPの仕事はできない?(02/07)
  3. FP技能士検定の学科と実技は別々に受験したほうがいい?(02/07)
  4. FP技能士の技能士検定制度って何?(02/07)
  5. 2級と3級FP技能士検定は同時受験が可能?(02/07)
  6. ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の一部合格はいつまで有効?(02/07)
  7. 今ファイナンシャルプランナー(FP)が注目されている理由(02/12)
  8. FP技能士センターには登録した方がいいの?(02/12)
  9. ファイナンシャルプランナー(FP)の業務内容(02/12)
  10. 企業系FPとして働く(02/12)
  11. ファイナンシャルプランナー(FP)ほど生活に密着した資格はない(02/13)
  12. 求められる理想のファイナンシャルプランナー(FP)像とは(02/13)
  13. 他資格とFPを組み合わせて働く(02/13)
  14. 独立系FPとして働く(02/13)
  15. FPとのダブルライセンス 人気ランキングベスト10(02/13)
  16. NPO法人 日本FP協会(02/13)
  17. 一般社団法人 金融財政事情研究会(02/13)
  18. FP(ファイナンシャルプランナー)として働く3つの方法(02/14)
  19. FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2010年度(02/19)
  20. FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2009年度(02/19)
  21. FP(ファイナンシャルプランナー)の年収は?(02/20)
  22. FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法(02/20)
  23. ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?(02/20)
  24. FP試験合格に必要な3つのポイント_1.強い意志(02/21)
  25. FP試験合格に必要な3つのポイント_2.勉強の習慣化(02/21)
  26. 独学でFPファイナンシャルプランナーを目指すメリット・デメリット(02/21)
  27. 学習計画の立て方(02/21)
  28. アウトプット中心で学習しよう(02/21)
  29. FP試験合格に必要な3つのポイント_3.教材選び(02/22)
  30. ECCビジネススクール_FPファイナンシャルプランナー_通信講座(02/23)
次のページ

複雑なFP資格試験の体系がスッキリわかる

 複雑でわかりにくいFP-ファイナンシャルプランナー資格試験の種類と体系を図を使ってわかりやすくまとめてみました。
 FPに関する資格体系がわかりづらい理由は、「複数の資格種類」と「試験実施機関が2つ」存在しているためです。
 そのため以下は、資格の種類別の体系と2つの試験実施機関についてみていきます。

⇒続きを読む

FP資格がないとFPの仕事はできない?

 FPの資格は業務独占資格でないため、ファイナンシャルプランナーに関する仕事はFP資格がなくても行うことが可能です。また、資格取得をしていない者がFPやファイナンシャルプランナーと名乗ったり、名刺に記載して業務を行うことも法律上は問題がありません。

⇒続きを読む

FP技能士検定の学科と実技は別々に受験したほうがいい?

 2級・3級ファイナンシャル・プランニング技能士検定の学科試験と実技試験は、同時受験しましょう。合格を確実にするため、今回は学科試験に絞って受験し、次回は実技試験を受験するという考えもありますが、FP技能士検定では別々に受験するのは非効率です。

⇒続きを読む

FP技能士の技能士検定制度って何?

 FP技能士が位置づけられている技能検定制度は、職業能力開発促進法に基づいたもので、労働者の有する技能を一定の基準によって検定、国が認めることで労働者の地位の向上と我が国の産業発展に寄与することを目的に設けられています。
 国が認めるFP-ファイナンシャルプランナーに関する技能士としては「ファイナンシャル・プランニング技能士」があり、一般社団法人金融財政事情研究会と日本FP協会が、厚生労働大臣から試験実施機関の指定を受けて検定試験を行っています。

2級と3級FP技能士検定は同時受験が可能?

 2級と3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士検定は同時受験は不可能です。
 なぜなら、2級と3級の試験日は同一日の同一時間に行われているためです。
 ただし、金財とFP協会に別々に申し込めば試験日は同じですが、試験実施時間は異なる可能性があります。しかし、試験会場が異なるため、問題を解く時間と移動時間を考えれば、不可能であると思います。

学科試験と実技試験が異なる級の場合の同時受験は可能


 例えば2級学科試験と3級実技試験を同一日に受験することは時間帯も異なるため可能です。ただし、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定は受験資格が必要になってきますので、それを満たしている必要があります。

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の一部合格はいつまで有効?

 一部合格の有効期限は、合格した年度の翌々年度末までです。一部合格は翌々年度迄

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験では、学科試験又は実技試験のいずれかに合格した場合は一部合格という扱いなります。例えば3級の学科試験にのみ合格した場合に、次回3級を受験するときは学科試験は免除され、実技試験のみの受験でいいというものです。そして実技試験に合格した際には、3級の合格証書が発行されます。
 ただし、この有効期限内に実技試験を合格できなければ、再度学科試験から受験する必要があります。

 ※一部合格による試験免除を次回以降の受験で適用するには、試験申込み時に免除申請が別途必要になりますのでご留意ください。



今ファイナンシャルプランナー(FP)が注目されている理由

 ファイナンシャルプランナー(FP)が現在注目されている理由は、多くの人が人生を送るうえでお金のことに不安を感じ、悩んでいるためです。

⇒続きを読む

FP技能士センターには登録した方がいいの?

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士資格は合格したら、有効期間や更新も不要で一生有効となる資格です。そのためFP技能士センターへの登録は任意です。
 FPの実務に携わっている方は、継続学習と最新情報の入手が必須となりますので、登録しておいた方がいいでしょう。
 反対に実務に携わっておらず、また登録しようか迷っているくらいの状況で特に必要性を感じない方は、年会費も発生しますので登録しなくてもいいと思います。
 またファイナンシャル・プランニング(FP)技能士資格だけでなく、AFP資格やCFP資格も合わせて取得している方はそちらで継続学習・更新制度が用意されていますので、FP技能士センターへの登録は個人の必要性に応じて行ってください。

ファイナンシャルプランナー(FP)の業務内容

 ファイナンシャルプランナー(FP)としての業務内容は「話す」、「書く」、「聞く」の3つに大きく分類することができます。

⇒続きを読む

企業系FPとして働く

 企業系ファイナンシャルプランナー(FP)の場合は、一般のサラリーマンと同じですから、勤務する企業の就業・給与形態に沿った形で働くことになります。
 企業によってファイナンシャルプランナー(FP)資格を評価して資格手当のような形で給与に上乗せしてくれるところ、資格取得を義務付けているところ等、様々な形態があります。
 ファイナンシャルプランナー(FP)資格とつながりが近い業種は、下記のとおりです。


 ・銀行
 ・証券会社
 ・保険会社
 ・ハウスメーカー、不動産会社
 ・FP事務所

⇒続きを読む

ファイナンシャルプランナー(FP)ほど生活に密着した資格はない

 ファイナンシャルプランナー(FP)に関する知識は、私たちにとって身近であり生活に密着した資格はないと思います。ファイナンシャルプランナー(FP)に求められる分野は大きくわけて、年金・税金・資産運用・相続・不動産・リスク管理の6分野です。どれも私たちの生活に密着しており、日常生活で役立つ知識ばかりです。

⇒続きを読む

求められる理想のファイナンシャルプランナー(FP)像とは

 求められる理想のファイナンシャルプランナー(FP)象は次の2つです。
 ・T字型FP
 ・コーディネートできるFP

⇒続きを読む

他資格とFPを組み合わせて働く

 FP(ファイナンシャルプランナー)資格のみではなく、他資格も取得してそれを活かして業務を行うことも求められます。この場合、次の2通りの仕事の仕方が考えられます。
・FP(ファイナンシャルプランナー)を主として専門分野の特定資格を取得
・他業種を主としてFP(ファイナンシャルプランナー)業務は顧客への付加価値


 つまり主として行うのはFPか他業種かということです。

⇒続きを読む

独立系FPとして働く

 自分でFP事務所を開設する方法です。自由に自分で行う業務を選択できる反面、責任は全て自分で負う必要があります。
 企業系FPの場合には、所属する会社に縛られた中での活動となりますが、独立した場合は縛りが全くないため、顧客にとって中立的な立場で商品提案を行うことができます。

⇒続きを読む

FPとのダブルライセンス 人気ランキングベスト10

 資格を2つ持っていることをさしてダブルライセンスと表現します。
 例えばFP+税理士、FP+社会保険労務士、FP+行政書士といった形です。
 実際FP資格を取得している人は他にどのような資格を取得しているのでしょうか。

⇒続きを読む

NPO法人 日本FP協会

 ファイナンシャルプランナー(FP)資格に関する試験実施団体のひとつです。
 1987年にファイナンシャル・プランニングの普及啓発、国民生活の向上を目的にファイナンシャルプランナーが組織としてまとまることを目的に設立されました。
 2011年3月31日現在で、個人会員は184,188人と右肩上がりに増加しています。

⇒続きを読む

一般社団法人 金融財政事情研究会

 一般社団法人金融財政事情研究会は1950年に金融財政に関する知識の普及啓発を行うことを目的に設立されました。
 一般的に略して「金財(きんざい)」と呼ばれている。
 日本FP協会と金財がファイナンシャルプランナー(FP)資格試験を実施している団体である。

⇒続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)として働く3つの方法

 FP(ファイナンシャルプランナー)の資格取得を活かして働く場合は主に3つのパターンがあります。
 ・独立系FP(ファイナンシャルプランナー)
 ・企業系FP(ファイナンシャルプランナー)
 ・他業務+FP(ファイナンシャルプランナー)

⇒続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2010年度

年間収入1,000万円以上を稼ぐFPの割合は7.9%となっています。
※日本FP協会が実施した平成22年の「ファイナンシャル・プランナー実態調査」結果より

⇒続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2009年度

年間収入1,000万円以上を稼ぐFPの割合は9.4%となっています。
※日本FP協会が実施した平成22年の「ファイナンシャル・プランナー実態調査」結果より

⇒続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)の年収は?

FP(ファイナンシャルプランナー)の約10人に1人以上は年収1,000万円以上を稼いでいます。
※毎年、日本FP協会がファイナンシャルプランナーの認定会員を対象に行っている「ファイナンシャル・プランナー実態調査」を参考にしている数値です。

⇒続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法

学習・勉強方法には大きく分けて「独学」か「通信・通学講座」を利用する2つの選択肢があります。目指す資格と勉強できる環境と個人の性格によって、よりよい選択肢は変わってきます。
私は資格を取得することに対して、通信講座の受講費用に納得できるのなら「通信講座」を活用するのがベストの選択だと考えています。

⇒続きを読む

ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士は試験合格後には登録や更新をしなくても資格を保持することは可能です。しかし、実務を行ううえでは、継続的な学習や最新情報を入手することが非常に大切なことです。
 そのため、ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士合格者を対象に指定試験機関のひとつである金融財政事情研究会では「ファイナンシャル・プランニング技能士センター(FP技能士センター)」を創設し、FP技能士をバックアップしています。

⇒続きを読む

FP試験合格に必要な3つのポイント_1.強い意志

ファイナンシャルプランナー(FP)試験合格を実現するためには、次の3つのことが大切です。
1.強い意志
2.勉強の習慣化
3.教材選び

1.強い意志についてのポイントをみていきます。



⇒続きを読む

FP試験合格に必要な3つのポイント_2.勉強の習慣化

ファイナンシャルプランナー(FP)試験合格を実現するためには、次の3つのことが大切です。
1.強い意志
2.勉強の習慣化
3.教材選び

2.勉強の習慣化についてのポイントをみていきます。



⇒続きを読む

独学でFPファイナンシャルプランナーを目指すメリット・デメリット

独学というと難しそうなイメージを持たれるかもしれませんが、基本となる勉強方法ではないでしょうか。私も何かを勉強するときには独学を基本として行い、独学では難しい場合に通信講座等を用いています。
独学のメリット・デメリットをまとめてみました。

⇒続きを読む

学習計画の立て方

学習計画とは自分が合格を目指す試験日に向けて現在からどういった計画を立てて取り組んでいけばいいかというものです。具体的には次の手順で学習計画を作成していきます。
1.目標学習量の設定
2.中期目標の設定
3.短期目標の設定

※長期目標を設定しないのはFP(ファイナンシャルプランナー)試験は短期勝負が基本と考えており、受験の長期化は望まないためです。

⇒続きを読む

アウトプット中心で学習しよう

アウトプット中心で学習しましょう。
勉強するときはインプット(参考書の読み込み等)、アウトプット(問題集を解く等)の2つの方法があります。


⇒続きを読む

FP試験合格に必要な3つのポイント_3.教材選び

ファイナンシャルプランナー(FP)試験合格を実現するためには、次の3つのことが大切です。
1.強い意志
2.勉強の習慣化
3.教材選び

3.教材選びについてのポイントをみていきます。



⇒続きを読む

ECCビジネススクール_FPファイナンシャルプランナー_通信講座



⇒続きを読む
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 次ページ