ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の一部合格はいつまで有効?


スポンサーリンク


 一部合格の有効期限は、合格した年度の翌々年度末までです。一部合格は翌々年度迄

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験では、学科試験又は実技試験のいずれかに合格した場合は一部合格という扱いなります。例えば3級の学科試験にのみ合格した場合に、次回3級を受験するときは学科試験は免除され、実技試験のみの受験でいいというものです。そして実技試験に合格した際には、3級の合格証書が発行されます。
 ただし、この有効期限内に実技試験を合格できなければ、再度学科試験から受験する必要があります。

 ※一部合格による試験免除を次回以降の受験で適用するには、試験申込み時に免除申請が別途必要になりますのでご留意ください。



<<2級と3級FP技能士検定は同時受験が可能? | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 今ファイナンシャルプランナー(FP)が注目されている理由>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |