ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?


スポンサーリンク


 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士は試験合格後には登録や更新をしなくても資格を保持することは可能です。しかし、実務を行ううえでは、継続的な学習や最新情報を入手することが非常に大切なことです。
 そのため、ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士合格者を対象に指定試験機関のひとつである金融財政事情研究会では「ファイナンシャル・プランニング技能士センター(FP技能士センター)」を創設し、FP技能士をバックアップしています。

4種類の会員登録制度


 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定合格者であれば、合格した級を問わず、自分が選択する会員種類へ登録することが可能です。日本FP協会が実施するファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定合格者でも登録は可能です。

会員には4つの種類があります。
・正会員
・準会員A
・準会員B
・準会員C


会員の種類別の受けられるサービス


サービス正会員準会員A準会員B準会員C
顔写真入の会員証
セミナーの割引参加
FP技能士手帳の発行
FP技能士に必要な書籍の特別割引
月刊誌の購読
個人の税金ガイドブックの発行
法人の税金ガイドブックの発行
金融商品ガイドブックの発行
継続テスト・学習ポイント管理サービス

継続学習について


 正会員には継続的な学習が義務付けられています。技能検定の合格級に応じて2年間で所定の学習を履行することが必要になります。
 準会員には、正会員のような継続的な学習は義務付けられていません。そのため、正会員が行う継続学習への参加もすることができません。


登録に必要な年会費


 登録には会員の種類に応じて年会費が必要になります。
・正会員:10,080円
・準会員A:10,080円
・準会員B:7,560円
・準会員C:3,780円




このエントリーをはてなブックマークに追加
<<FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | FP試験合格に必要な3つのポイント_1.強い意志>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |