ファイナンシャルプランナー(FP)ほど生活に密着した資格はない


スポンサーリンク


 ファイナンシャルプランナー(FP)に関する知識は、私たちにとって身近であり生活に密着した資格はないと思います。ファイナンシャルプランナー(FP)に求められる分野は大きくわけて、年金・税金・資産運用・相続・不動産・リスク管理の6分野です。どれも私たちの生活に密着しており、日常生活で役立つ知識ばかりです。

日常生活で大活躍!生活密着度No.1資格


 ファイナンシャルプランナーの知識は、仕事以外の私たちの日常生活で必ず役にたちます。お金のことについて知っているようで知らないことがたくさんあります。私たちの生活にとってお金は欠かすことができないものですが、これまで金融教育を受けてきた方というのは少ないと思います。特に税金に関することは、重要なことにも関わらず他人事のように受け流してしまいがちです。ファイナンシャルプランナー(FP)を学ぶことで、税金の仕組みがわかり節税についても考えることができます。


自己啓発、主婦・主夫の方に最適な資格


 自己啓発や仕事をしていない方で何か資格を取得しようと考えている場合には、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得がおすすめです。生活に密着した資格であるため、学んだ知識をすぐに日常生活に活かすことができて無駄がないからです。保険に関する見直しや金融商品を選択する際に基礎知識があるとないとでは、専門家からのアドバイスを受けるにしても理解が全く違ってきます。


お金に関する感覚が高くなる


 ファイナンシャルプランナー(FP)を学ぶ一番のメリットはお金に関する感覚が高くなることだと思います。
 近年、メディアでファイナンシャルプランナー(FP)が登場することが多く、節約方法等についてアドバイスを行っています。試験問題は直接こういった設問があるわけではありませんが、学んだ知識を複合してお金に関する使い方について視野を広げ知識を深めることができ、自然と金銭感覚が養われます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
<<企業系FPとして働く | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 求められる理想のファイナンシャルプランナー(FP)像とは>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |