FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2010年度


スポンサーリンク


年間収入1,000万円以上を稼ぐFPの割合は7.9%となっています。
※日本FP協会が実施した平成22年の「ファイナンシャル・プランナー実態調査」結果より

FP業務年数9年以上の7人に1人は年収1,000万円以上


前回以前の調査と同様に業務経験年数が長いFP(ファイナンシャルプランナー)ほど、収入が高い傾向は変わりません。
業務経験年数9年以上のFP(ファイナンシャルプランナー)の14.4%が1,000万円以上の年間収入を得ています。
反対に業務経験年数が3年未満の者の約7割が年収100万円未満という厳しい実態もあります。

FP(ファイナンシャルプランナー)年間収入_2010年

ライフプランニングを主とする業務のFPは売り上げ増加傾向


主とする業務別に売上の増減をみると、「ライフプランニング」を主とするFP(ファイナンシャルプランナー)にて売上が増加している傾向がある。FPの根幹は「ライフプランニング」であり、この傾向は歓迎すべきである。不況感から各種マスメディアによる家計の見直し特集によりFPに注目が集まったと考えられる。
反対に「金融資産運用設計」をを業務の主としている場合は売上が減少している傾向がある。これは昨今のリーマンショック等に伴う株安により、資産運用離れが影響していると思われる。


FP(ファイナンシャルプランナー)売り上げ_2010


※日本FP協会が実施した平成22年「ファイナンシャル・プランナー実態調査」より
調査対象:日本FP協会の認定会員。有効回答数11,804人
調査機関:平成22年7月2日~7月15日
調査手法:インターネットによる調査



このエントリーをはてなブックマークに追加
<<FP(ファイナンシャルプランナー)として働く3つの方法 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | FP(ファイナンシャルプランナー)の年間収入_2009年度>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |