FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法


スポンサーリンク


学習・勉強方法には大きく分けて「独学」か「通信・通学講座」を利用する2つの選択肢があります。目指す資格と勉強できる環境と個人の性格によって、よりよい選択肢は変わってきます。
私は資格を取得することに対して、通信講座の受講費用に納得できるのなら「通信講座」を活用するのがベストの選択だと考えています。

FP資格別にみる独学or通信・通学講座

資格の種類独学通信通学アドバイス
3級FP技能士独学でも十分に対応可能な試験だと思います。しかし、入門資格でありFP分野は初心者の受験生が多いことから学習に不安な方はお手頃な通信講座がありますので、そちらを利用すると安心です。
2級FP技能士3級FP技能士の試験レベルより難しくなるため、独学に慣れた方以外は、通信・通学講座の利用をおすすめします。この分野は制度改正が多く、受験の長期化は避けたいので、わかりやすい通信・通学講座を利用して一発合格を狙うのがおすすめです。
1級FP技能士迷わず通信・通学講座の利用をおすすめします。わかりやすい通信・通学講座を選択して短期勝負で一発合格を狙いましょう。ただし、受験者数が少ないことからFPの他資格と比べて通信・通学講座を開講しているところが少なく選択肢は減ります。
AFP資格×AFP資格の取得要件は2級FP技能士合格+認定研修終了となります。2級FP技能士については上記のとおり、独学でも取得できる可能性はありますが、AFP認定研修は通信・通学講座の受講が必須となります。
CFP資格迷わず通信・通学講座の利用をおすすめします。難関資格ですので、独学での合格は難しく合格までに時間もかかることが考えられます。大手予備校よりわかりやすい通信・通学講座が用意されていますので、そちらを選択する方がいいでしょう。


タイプ別の独学と通信・通学講座活用の比較


タイプ選択肢
自分のペースで勉強したい・通信講座
・独学
一発合格を狙いたい・通信講座
・通学講座
勉強費用はかけたくない・独学
勉強方法がわからない・通信講座
・通学講座
FP分野の知識が全くない・通信講座
・通学講座
AFP・CFP資格を取りたい・通信講座
・通学講座
勉強仲間が欲しい・通学講座
スケジュールを立て学習計画を管理できる・独学
疑問点があれば質問したい・通学講座
・通信講座

受講費用に納得できるなら通信講座の活用がおすすめ

「独学」と「通信・通学講座」の比較をしてきましたが、各スクールが提供している受講費用に対して納得ができる場合は「通信講座」を利用することがベストの選択だと考えています。
なぜなら、通信講座の場合は、最新の情報を自分の好きな時間に自分のペースで学習をすることが可能です。また、自分で調べても解決できない疑問点があれば質問をして解答を得ることもできます。
通学講座の場合は、学習時間が決められていて生講義でわかりやすいメリットがありますが、通学に要する時間と費用を考えると、通信講座を利用して時間と費用の節約をした方がメリットは大きいと考えるからです。
特に初心者の場合は、基礎知識がないため、学習につまづくと自分では解決が難しかったり、全体把握ができないため適切な分野別の時間配分が難しいです。通信講座では市販のテキストと比べてわかりやすく解説されており、何より学習のスケジュール管理を通信講座提供スクールにて行ってくれることが大きなメリットです。
これらのメリットを考えると「通信講座」の利用が1番ベストの選択と考えます。


受講費用が資格取得に見合わない場合は「独学」を選択

また冒頭でも述べたように、通信講座で得られるメリットに対して支払う受講費用が資格取得に対して見合わない場合は、「独学」を選択するのがベストの選択となります。
これは取得を目指す資格・級によって選択肢は変わってきますので、上記の「FP資格別にみる独学or通信・通学講座」も参照にしてみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加
<<FP(ファイナンシャルプランナー)の年収は? | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |