独学でFPファイナンシャルプランナーを目指すメリット・デメリット


スポンサーリンク


独学というと難しそうなイメージを持たれるかもしれませんが、基本となる勉強方法ではないでしょうか。私も何かを勉強するときには独学を基本として行い、独学では難しい場合に通信講座等を用いています。
独学のメリット・デメリットをまとめてみました。

独学のメリット


費用が安い
誰もがあげる独学の一番のメリットです。かかる費用は、基本となる参考書と問題集のみですので各1冊ずつにした場合は5,000円程度とかなり費用を抑えることが可能です。
現在ではFP(ファイナンシャルプランナー)に関する参考書と問題集は、各社から出版されていますので、わかりやすいものを選択することも可能です。

購入前に教材の内容が確認できる
立ち読みや図書館を利用して、購入前に全体の内容を確認できます。詳細まではわからないとしても、全体を確認することで自分にとって使いやすいものか判断する材料が多くなります。通学・通信講座では無料ガイダンス等を利用しても全体の内容確認はできませんので、購入前に教材の内容が確認できることは独学のメリットといえます。

好きな時間・場所で勉強できる
通学のように開講時間や場所が決まっていませんので、自分の決めた時間に、好きな場所で勉強に取り組むことが可能です。

自分の理解度に応じて学習できる
自分のペースで学習できますので、わかるところは簡単に流して、わからないところを重点的に時間をかけるということができます。初心者の場合は難しいかもしれませんが、理解度に応じて自分に必要な学習を行うことが可能です。

独学のデメリット


わからないことを質問できない
勉強を進めていくと必ず自分では解決できない問題がでてきます。市販テキストも全てのことをカバーしていませんので、いくら読んでもわからないことがあります。
この時に独学の場合は、質問をすることができません。質問すればすぐに解決することも、自分で調べることで多くの余分な時間を費やしてしまうことがあります。
モチベーションの維持が難しい
勉強を始めた時は、参考書・問題集を購入し、「一発合格するぞ!」と意気込んでいた人も、時間が経過するにつれて必ずモチベーションが低下してきます。その時に独学は自分でモチベーションを保っていくことが必要になります。これが、一番難しいところではないでしょうか。
どの教材を選んでよいかわからない
独学の場合は市販の参考書・問題集のなかから自分で選択する必要があります。出版されているものによって、取り扱っている分野の広さ、深さ、解説の充実度が異なりますので、自分で選択することは難しいかもしれません。ただしメリットであげましたが、購入前に中身を確認することが可能ですので、それを参考にすることは可能です。
通学・通信講座を選択した場合は、どの資格予備校を利用するか決めると、教材は資格予備校が提供してくれます。大手資格予備校を選択した場合は最低限の質が担保されていますので、教材選びに時間をかけることなく効率よく学習することができます。

学習計画を全て自分で立てる必要がある
好きな時間に自分のペースで学習できますので、何の制約もありません。そのため、学習計画も自分で全て立てる必要があります。これを行うことが難しいため、多くの人が通信・通学講座を利用しています。通信・通学講座の場合は、資格予備校にて目指す試験日に沿った学習計画を提供してくれます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<FP試験合格に必要な3つのポイント_2.勉強の習慣化 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 学習計画の立て方>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |