アウトプット中心で学習しよう


スポンサーリンク


アウトプット中心で学習しましょう。
勉強するときはインプット(参考書の読み込み等)、アウトプット(問題集を解く等)の2つの方法があります。


勉強するときに、まずインプット(参考書の読み込み等)をしっかりやって、全て理解してからアウトプット(問題集を解く等)にとりかかる人が一般的ではないでしょうか。
経験した方にはわかると思いますが、この方法では試験日までに時間が足りなくなって、全ての分野と教材をやり終えることができません。
インプットのみで本当に理解することは難しいですし、試験で問われるレベルの把握ができないと余分な知識まで詰め込んでしまうことにもなるからです。
アウトプットを行うことで、知識の定着と試験で問われる問題レベルにあった知識の吸収ができて、効率よく学習をすることができます。
そのため、インプットのみを行って理解した気にならずに、アウトプットに重点を置いて学習を進めていくことが大切になってきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<学習計画の立て方 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | FP試験合格に必要な3つのポイント_3.教材選び>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |