FP試験合格に必要な3つのポイント_3.教材選び


スポンサーリンク


ファイナンシャルプランナー(FP)試験合格を実現するためには、次の3つのことが大切です。
1.強い意志
2.勉強の習慣化
3.教材選び

3.教材選びについてのポイントをみていきます。



どの教材選ぶかによって合格までに要する労力に明らかな違いとなってあらわれてきます。
しかし、お試しは別としていくつかの教材を使って比較することはいたしませんので、本当に選択した教材がベストだったかどうかは本人にはわかりません。
合格まで効率よくたどりつくために、教材はよりよいものを選択していきたいものです。

また、勉強方法として通学講座、通信講座、独学の3パターンがあり、まずはどの勉強方法を選択するか決めたうえで、どの教材(通学講座、通信講座)を選択するか決定します。

FP(ファイナンシャルプランナー)を勉強するのに、どの勉強方法を選択するか決まってない方は次の記事を参考にしてみてください。
FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法


通学講座の選び方


 通学講座は、通信講座、独学に比べて費用が最もかかることが多いです。それだけに、どの学校を選ぶか慎重になってしまいます。

通信講座の選び方


 通信講座は、通学と違い距離の制限がなく、誰でも受講できることから、様々な教材が各社より用意されています。

独学の参考書・テキスト、問題集の選び方


 独学の場合が、一番教材選びが重要となってきます。通学講座、通信講座の場合は最低限の質が担保されていますので、大手を選択すれば大きな失敗はありません。また、疑問点があれば質問をして解決することも可能です。
 しかし独学の場合は、選択した教材のみを頼りに勉強をすすめていくことになります。市販されている教材によって、内容の充実度や解説内容が異なります。そのため、どの教材を選ぶかによって合格までに要する労力に大きな違いが一番あらわれるといえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<アウトプット中心で学習しよう | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ECCビジネススクール_FPファイナンシャルプランナー_通信講座>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |