ファイナンシャルプランナー(FP)とは


スポンサーリンク


ファイナンシャルプランナーとは、人生を送るために必要なお金の問題を考え、資金計画に関して専門的な視点からアドバイスを行う専門家です。
ファイナンシャルプランナーを略してFPと呼ばれています。

FPファイナンシャルプランナーが扱う6分野


FPが扱う6分野

1.金融資産運用:金融商品の仕組みや経済指標の見方を学びます。
2.タックスプランニング:各種税金の特徴や税制度について学びます。
3.不動産:不動産に関する知識を学びます。
4.相続・事業承継:相続や贈与、遺産分割などについて学びます。
5.リスク管理:各種保険商品の特徴について学びます。
6.ライフプランニング:ライフプラン、社会保険などについて学びます。

ファイナンシャルプランナー(FP)は資金面から自己実現をサポート


 誰にとっても人生で実現したい夢や目標があると思います。それには、少なからずお金の問題が絡んできます。漠然とした資金計画では不安から夢や目標の実現はかないません。そのときに、専門的知見から将来にわたる資金計画をたて、金銭面から顧客の夢や目標の実現をサポートするのが、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

 ファイナンシャルプランナー(FP)は顧客の相談をききながら、一緒になって人生計画と資金計画をたてていく素敵な仕事であるといえます。


ファイナンシャルプランナー(FP)は家計のホームドクター


 このように顧客の人生計画を資金面でサポートすることから、日本FP協会では「家計のホームドクター」という名称をつけています。顧客の家族状況や、資産、キャッシュフロー等を把握して、現状分析と診断を行ったうえで、今後の改善点を探っていきます。
 病気になった際には、かかりつけの病院に行くように、家計の資金計画に関して困った際にはファイナンシャルプランナー(FP)に相談に行くようになってきています。

FPファイナンシャルプランナーに関する3つの資格


FPファイナンシャルプランナーに関する資格は大きく3つに大別できます。
▼国家資格
FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士 1級 2級 3級

▼民間資格
AFP
CFP
FP資格は国家資格と民間資格に大別
資格体系の詳細は複雑なFP資格試験の体系がスッキリわかるをご参照ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
<<このサイトについて | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ファイナンシャルプランナー(FP)が必要になった3つの理由>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |