日本の税制の概要


スポンサーリンク


 タックスプランニングの勉強項目についてはタックスプランニング概要でチェックしました。


 それでは日本の税制の概要についてみていきましょう。
 わが国の税には大きく分けると、国税と地方税にわけることが出来ます。
 これは「私たちに対して税金をかけているところ」国か地方かによる違いです。
 地方税は更に道府県税と市町村税に区分されます。

 また、国税と地方税はそれぞれ更に、直接税と間接税に区分されます。
 この直接税と間接税は税金を納付する人(納税者)と税金を実質的に負担する人(担当者)とが同じ人かどうかによって区分されています。
 この言葉だけではわかりづらいので表にしてみてみましょう。 

     国税直接税所得税、法人税、相続税、贈与税
間接税消費税、印紙税、登録免許証
地方税道府県税直接税道府県民税、事業税、自動車税
間接税地方消費税、ゴルフ場利用税
市長村税直接税市町村民税、固定資産税、軽自動車税
間接税入湯税


 こうやって表をみてみると、私たちに一番身近な消費税はなんで間接税なの?って思われる方がいるかもしれません。
 確かに私たちは何かを購入したときに消費税分を負担しています。けれどこの段階では商品を販売している事業主に納めているのであって、実際に国に消費税を納めるのは事業主になるのです。
 そのため私たちが払った消費税は私たちが国に直接納めておらず、商品を販売した売主が納めているので間接税になります。

 これらは丸暗記する必要はありませんが、税の概要はおさえておきましょう。
 一緒にFPファイナンシャルプランナー試験合格目指しませんか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<タックスプランニング | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 所得税の概要>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |