ファイナンシャルプランナー資格制度


スポンサーリンク


 ファイナンシャルプランナー資格にはどんな種類があるのでしょうか。


FPファイナンシャルプランナー資格制度の歴史


 FPファイナンシャルプランナーの資格制度は日本ではまだ確立されてから年数がたっていないことからあまり知れ渡っていません。
 まずは日本のファイナンシャルプランナー制度の歴史をみていきたいと思います。
 
1988年 金融財政事情研究会(以下、金財)が日本で初めて厚生労働省認定の公的資格である「金融渉外技能審査」を開始。
1993年 現在のNPO法人日本ファイナンシャル・プランナー協会(以下、日本FP協会)が民間資格であるCFP資格の試験を開始。
1999年 日本FP協会が民間資格であるAFP資格の試験を開始。
2001年 「金融渉外技能審査」廃止
2002年 金財日本FP協会が国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士資格の試験を開始。

  
 これをみるとわかるようにFPファイナンシャルプランナー試験は「金財」と「日本FP協会」の2つの機関によって開催されており、更には国家資格と民間資格が混合しているためにわかりづらくなっています。

 これらをもう少しわかりやすくするために国家資格、民間資格にわけてみていきましょう。

ファイナンシャルプランナー国家資格

ファイナンシャル・プランニング技能士1球
ファイナンシャル・プランニング技能士2級
ファイナンシャル・プランニング技能士3級

 国家資格は上の3つです。技能士資格は「学科試験」と「実技試験」の2つで構成されています。実技試験といっても筆記で行います。
 この試験を開催している団体は金財(1級、2級、3級)と日本FP協会(1級実技、2級、3級)です。1級の学科試験は金財でしか受験することができません。

ファイナンシャルプランナー民間資格

AFP
CFP 
 民間資格は上の2つです。この試験を開催している機関は日本FP協会のみです。
 なおCFPについては民間資格でありますが、国際資格として通用する資格です。勿論アメリカでも使うことができます。

 FPファイナンシャルプランナーの仕事を行う上では、これらの資格を有していないと仕事ができないというわけではありません。なぜなら資格保持が義務づけられていないからです。
 そうとはいってもこの分野の仕事を行う上で資格を持っていることは信頼感にもつながりますので、必ず取得しておきたい資格です。

 試験実施機関により実施試験が違いますのでご注意ください。
試験実施機関についてまとめてありますので整理しておきたい方は
FPファイナンシャルプランナー試験実施機関


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<ファイナンシャルプランナー(FP)が必要になった3つの理由 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ファイナンシャルプランナー試験実施機関>>
コメント
ブログ毎回楽しみに読ませてもらっています(*^_^*)ちなみに私は宅建&FP1級&簿記2級・・・次は税理士試験狙っています。

http://www.a-souzokuzei.com/

宅建について試験合格後の実務内容とFP知識のホームページです。よかったら参考にして下さいね☆
【2010/10/19 22:07】 | ブログ毎回楽しみに読ませて頂いております。 #aIcUnOeo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |