課税標準額


スポンサーリンク


 所得の種類と計算方法は覚えられましたか?
 しかしこれだけでは所得税の課税金額を求めることはできません。FPファイナンシャルプランナーとしてはもう少し踏み込んで勉強してましょう。


 まだ所得税の種類と計算方法を把握されていない方は所得税の概要からご覧ください。
 前回までに10種類の所得をそれぞれの計算方法で求めましたが、ここで求めた金額が課税対象となる金額ではありません。
 課税金額を求めるにはまずは課税標準額を求め、そこから更に各種控除を差し引き、その額に対して税率をかけたものが所得税に対する課税金額となります。

 まずは、課税標準額についてみていきましょう。この課税標準額とは医療控除や雑損控除の基準となる金額ですのでFPファイナンシャルプランナー以外にも役に立つので頑張ってみていきましょう。

 それでは課税標準額を求めるにはどうしたらいいでしょう。
 10種類の所得に損益通算、損失の繰越控除を行ったものが課税標準額となります。
 FPファイナンシャルプランナー合格目指して頑張っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<申告分離課税制度 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 損益通算>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |