所得控除


スポンサーリンク


 所得控除は14種類あります。まだ知らないあなた・・・損をしているかもしれませんよ。


 FPファイナンシャルプランナーを勉強して得しましょう。
 
 課税標準金額から差し引くことができる所得控除は以下の14種類です。

控除の種類控除の概要
雑損控除 災害・盗難・横領により納税者又は配偶者や扶養親族の生活に必要な資産について損失が生じてしまった場合に限り損失の一定金額をその年の所得金額から控除できます
医療費控除 納税者又はその配偶者や扶養親族が多額の医療費を支払った場合、その医療費の一定金額をその年の所得金額から控除できます(最高200万)
社会保険料控除 納税者または配偶者や扶養親族の負担すべき社会保険料を支払った場合、その支出全額をその年の所得金額から控除できます
小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済等掛金控除及び心身障害者扶養共済の掛金を支払った場合には、その支出全額をその年の所得金額から控除できます
生命保険料控除 納税者が生命保険料や個人年金保険料を支払った場合には一定の金額をその年の所得金額から控除できます(最高10万円)
損害保険料控除 納税者が損害保険・損害共済契約の保険料や掛け金を支払った場合には一定の金額を所得金額から控除できます(最高1万5千円)
寄付金控除 納税者が特定寄付金を支出した場合には一定の金額を所得金額から控除できます
障害者控除 納税者又は配偶者や扶養親族が障害者である場合、27万円(特定障害者40万円)を所得金額から控除できます
寡婦控除 ①夫と死別、離婚してから結婚していない人、夫の生死が明らかでなく扶養親族がいる場合
 ②夫と死別してから結婚していない人、夫の生死が明らかでない一定の人で合計所得が500万円以下の場合
 ①、②のどちらかに当てはまる場合は所得金額から27万円控除
 ①に加え合計所得金額が500万円以下の場合は35万円控除(特定寡婦)
寡夫控除 特定寡婦に条件に当てはまる場合はその年の所得金額から27万円控除できます
勤労学生控除 働いている学生の所得金額が65万円以下の場合、その年の所得金額から27万円控除できます
配偶者控除 納税者と生計を一にしている配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合、38万円~83万円を所得金額から控除できます(注1)
配偶者特別控除 納税者の合計所得金額が1000万円以下であり、納税者と生計を一にする配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満である時、一定の金額を所得金額から控除できます(最高38万円)(注1)
扶養控除 納税者に扶養家族がおり、その扶養家族の合計所得金額が38万円以下の場合は38万円~93万円を所得金額から控除できます
基礎控除 無条件で全ての納税者が所得金額から38万円を控除できます

※従来控除されていた老年者控除は平成17年分から廃止されました。
※雑損控除、医療費控除、寄付金控除の控除を受けるためには確定申告が必要になります。
(注1)配偶者控除・配偶者特別控除についてはその配偶者が青色申告専従者として給与の支払いを受けている場合や白色申告者の事業専従者控除の適用を受けている場合は控除を受けられません。

 今まで控除できることを知らないで控除をしていなかった方もいるかもしれません。知っておくとお得ですよ。またFPファイナンシャルプランナー試験でも重要なので把握しておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<課税所得金額とは | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 税額計算と税額控除>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |