ファイナンシャルプランナー(FP)が必要になった3つの理由


スポンサーリンク


 ファイナンシャルプランナー(FP)の必要性は高まっています。
 生活様式の変化、急速な高齢化社会の進展、金融ビックバンや年金制度改革など、個人をめぐる生活環境は大きく変化し、不安定な時代となっているからです。
 生涯に渡って安定した生活を得るためには、国に任せきりではなく、個人の生涯に渡る資産設計を行うことが必要です。
 ファイナンシャルプランナー(FP)の必要性が高くなった理由としては以下の3つが考えられます。
・横並び、右肩上がりの時代ではなくなった
・自己責任が求められるようになった
・ライフプランが多様化した

横並び、右肩上がりの時代ではなくなった


 高度経済成長化での日本社会は、年功序列や終身雇用により、給料は保障され、退職後は退職金と充実した年金により、多くの人たちが人生の資金計画を特に考えることなく安心した生活を送ることができていました。また、金利も高く、インフレに負けていないため、何も考えずに預金や貯蓄型の保険に入っていても大丈夫な時代でした。
 しかし、現在は年功序列や終身雇用は崩壊し、給料の保障はなくなり、退職金も支給されるかどうかはわかりません。年金も支給年齢の繰り上げ、保険料アップ、支給額削減により、従来より厳しいものとなっています。預金や保険にしても金利の低下や金融機関の破綻等から何も考えずに入ると損をしてしまう可能性があります。
 損をしないためには、専門的知識を有したファイナンシャルプランナー(FP)が必要になってくるのです。



自己責任が求められるになった


 現在を大切にして、現在あるお金は現在使ってしまい、老後は退職金と年金で暮らしていけばいいなどと言うことはできなくなってしまいました。退職金と年金はあてにすることができなくなってしまったからです。また、社会保障制度も財源不足から厳しい方向に改正されています。今後もその方向が大きく変わることは期待できません。
 つまり、国に任せきりではなく、自分の生活に関してより一層の自己責任が求められるようになったといえます。これは悪い面ばかりではありません。責任が増加したということは、それだけ選択できる自由が広がったというプラス面があるからです。
 しかし、選択するには専門的知識が必要です。例えば現在様々な金融商品が販売されていますが、従来は規制により個人が元本割れの可能性の有る金融商品を購入することは少し敷居が高い状況でした。それが、金融自由化により銀行でもその販売が可能となったことにより、私たちにとって投資信託等の金融商品が身近になりました。これは私たちにとって選択の自由が増えたことでメリットといえますが、選択には知識が必要です。正しい知識を持っていないと正しい判断はできません。販売側に年○%の利率が保障されていると言って購入しておき、倒産等により、その商品が紙くずになってから文句を言っても遅いのです。
 そのため正しい知識をもつファイナンシャルプランナー(FP)の能力が必要になってきます。



ライフプランが多様化した


 従来は就職、結婚、出産、マイホーム・車の購入、子どもの進学、定年退職、老後等というようにライフプランはほぼ同じであったといえます。近年では価値観が変わり幸せの定義が人によって様々になり、ライフスタイルが多様化してきました。。例えばマイホーム購入も目標ではなくなり、購入できるお金があっても賃貸を希望する人も多くあります。
 ライフスタイルの多様化に合わせて、それにあったライフプランが必要になります。そうなると今まであったモデルケースは通用しなくなり、一人ひとりに合った資金計画が必要になります。
 個人では一人ひとりにあった資金計画の立案が難しいためファイナンシャルプランナー(FP)の知識が必要になってきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
<<ファイナンシャルプランナー(FP)とは | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ファイナンシャルプランナー資格制度>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |