ファイナンシャルプランナー1級試験


スポンサーリンク


 ファイナンシャルプランナー1級試験についてみていきます


 ファイナンシャルプランナー1級試験は、ファイナンシャルプランナーの国家資格の中では、最上位の試験です。
FP1級は国家資格の最上位

 ファイナンシャルプランナーとして専門で仕事をされている方や、これから専門的に携わっていかれる方は取得したい資格です。 
 

1.ファイナンシャルプランナー1級試験概要


学科又は実技出題形式問題数合格基準受験料
学科試験※1〔基礎編〕
筆記試験
(マークシート)
四答択一式
50問200点満点で120点以上8,900円
〔応用編〕
筆記試験
(記述式)
5題
実技試験※1
(資産相談業務)
面接試験
(口頭試問形式)
2回200点満点で120点以上
(1回100点満点)
25,000円
実技試験※2
(資産設計提案業務)
筆記試験
(記述式)
2題100点満点60点以上20,000円

※1.金財実施
※2.日本FP協会実施

持ち込品
・筆記用具(HB以上の濃い黒鉛筆、消しゴム)
・計算機

2.取得要件

 
 ファイナンシャルプランナー1級試験では学科試験合格者のみ(学科免除を除く)が実技試験を受験することができ、実技試験に合格することで、合格証書が発行されます。
 学科試験は金財のみで行われており、実技試験は試験実施機関が2つあるので、どちらで受験するか選択する必要があります。どちらかに合格すれば実技試験合格と認められます。

一部合格制
 学科試験合格者には一部合格証が発行されます。学科試験合格者は翌々年度まで実技試験の受験資格が与えられます。

3.資格の更新


 更新の必要はありません。

4.受験資格


学科試験
以下のいずれかを満たしている者
受験資格
・2級技能検定合格者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
・FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

実技試験
以下のいずれかを満たしている者
受験資格
・1級学科試験の合格者
・「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有するもの※1
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP試験合格者

※1.金財が実施する「普通職業訓練短期課程金融実務科FP養成コース」
※「FP養成コース」、CFP認定者または試験合格者は学科試験免除となります。

受験資格と取得のながれ
FP1級受験資格
 

5.1級合格率


学科又は実技合格率
学科試験4~19%
実技試験(資産相談業務)73~94%
実技試験(資産設計提案業務)75~98%

 1級試験合格率詳細は
 →FPファイナンシャルプランナー1級試験合格率

6.試験日程

 学科試験は9月と1月の2回実施です。
試験日程についての詳細は
FPファイナンシャルプランナー試験日程

7.試験実施機関


資格の種類等級 学科・実技 実技試験の選択科目 金財 日本FP協会
国家資格
FP技能士
1級 学科試験
実技試験 資産設計相談業務
資産設計提案業務

試験実施機関についての詳細は
ファイナンシャルプランナー試験実施機関

8.試験会場


 各都道府県の主要都市で実施されています。

・金財で受験→金財:ファイナンシャルプランナー試験会場
・日本FP協会で受験→日本FP協会:ファイナンシャルプランナー1級試験会場

9.試験申込方法


 個人申込は郵便またはインターネットにて申込みができます。

・金財で受験→ファイナンシャルプランナー試験申込方法:金財
・日本FP協会で受験→ファイナンシャルプランナー申込方法:日本FP協会

10.学習方法


1級は2,3級に比べて難易度が急に難しくなります。
そのため費用はかかりますが、短期合格を目指すためにも1級受験の際には通信講座を活用することをおすすめします。
学習・勉強方法の詳細は
FP(ファイナンシャルプランナー)試験の学習・勉強方法
通信講座比較
1級の参考書・テキスト・問題集 

11.学科試験範囲


A ライフプランニングと資金計画
1. ファイナンシャル・プランニングと倫理
2. ファイナンシャル・プランニングと関連法規
3. ライフプランニングの考え方・手法
4. 社会保険
5. 公的年金
6. 企業年金・個人年金等
7. 年金と税金
8. ライフプラン策定上の資金計画
9. 中小法人の資金計画
10. ローンとカード
11. ライフプランニングと資金計画の最新の動向

B リスク管理
1. リスクマネジメント
2. 保険制度全般
3. 生命保険
4. 損害保険
5. 第三分野の保険
6. リスク管理と保険
7. リスク管理の最新の動向

C 金融資産運用
1. マーケット環境の理解
2. 預貯金・金融類似商品等
3. 投資信託
4. 債券投資
5. 株式投資
6. 外貨建商品
7. 保険商品
8. 金融派生商品
9. ポートフォリオ運用
10. 金融商品と税金
11. セーフティネット
12. 関連法規
13. 金融資産運用の最新の動向
D タックスプランニング
1. わが国の税制
2. 所得税の仕組み
3. 各種所得の内容
4. 損益通算
5. 所得控除
6. 税額控除
7. 定率減税
8. 所得税の申告と納付
9. 個人住民税
10. 個人事業税
11. 法人税
12. 法人住民税
13. 法人事業税
14. 消費税
15. 会社、役員間及び会社間の税務
16. 決算書と法人税申告書
17. 諸外国の税制度
18. タックスプランニングの最新の動向

E 不動産
1. 不動産の見方
2. 不動産の取引
3. 不動産に関する法令上の規制
4. 不動産の取得・保有に係る税金
5. 不動産の譲渡に係る税金
6. 不動産の賃貸
7. 不動産の有効活用
8. 不動産の証券化
9. 不動産の最新の動向
 
F 相続・事業承継
1. 贈与と法律
2. 贈与と税金
3. 相続と法律
4. 相続と税金
5. 相続財産の評価(不動産以外)
6. 相続財産の評価(不動産)
7. 不動産の相続対策
8. 相続と保険の活用
9. 事業承継対策
10. 事業と経営
11. 相続・事業承継の最新の動向


12.実技試験範囲



資産相談業務(金財)
項目内容
1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング ファイナンシャル・プランニング業務に必要とされる倫理観を正しく理解し、関連業法との関係を理解したうえで相談に当たることができること
2. 顧客のニーズおよび問題点の把握 顧客属性、保有金融資産、保有不動産等に関する具体的な前提条件に基づいた総合事例における相談の全体像を理解し、資産運用、相続・事業承継等に関して顧客のニーズおよび顧客が抱える問題点を詳細に把握できること
3. 問題の解決策の検討・分析 問題解決に当たって、当該問題を解決する知識を活用できるとともに、ファイナンシャル・プランニング業務で必要とされる関連知識を駆使した分析ができ、複数の解決策の検討ができること
4. 顧客の立場に立った対応 顧客のライフプランに基づき、最も現実的かつ適切な問題の解決策を、明確な論旨に基づくとともに、相手にわかりやすく説明できること


資産設計提案業務(日本FP協会)
項目内容
1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング ファイナンシャル・プランナーと関連業法の関係や、ファイナンシャル・プランナーに求められる職業上の倫理観を正しく理解したうえで、適切かつ総合的な提案が行えること。ファイナンシャル・プランニングの現状を正しく理解したうえで、顧客に説明できること。
2. 顧客データの収集と目標の明確化 顧客データを正確に把握するとともに、顧客の生活設計上の希望を、具体的かつ適切な数値上の目標に設定できること。
3. 顧客のファイナンス状況の分析と評価 現状の顧客のファイナンス状態の分析や問題点の把握・検討を行えること。
4. プランの検討・作成と提示 顧客の数値化した目標を達成でき、生活設計上の目標を達成できるための対策を、総合的に検討し、適切かつ包括的な提案が行えること。プランの見直しの必要性について顧客に説明し、理解させることができること。



このエントリーをはてなブックマークに追加
<<ファイナンシャルプランナー2級試験 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | AFP試験>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |