相続の基本的規定


スポンサーリンク


 相続は私たちの生活ではあまり身近でないため、詳しく知っている人は少ないと思います。知っておくと心強い相続の基本的な規定についてみていきます。


相続とは
 相続とは死亡した人の権利や義務を引き継ぐことをいいます。
この場合、死亡した人のことを被相続人、引き継ぐ人のことを相続人といいます。また引き継ぐものは財産は勿論、消極的財産(借金等)も引き継ぐことになります。
 
 遺言がある場合、遺産は原則として遺言で指定されたとおりに分割されますので、相続人、受遺者の間の遺産分割についての話合い(遺産分割協議)は不要となります。

 遺言がない場合、あるいは遺言が法律的に有効なものでない場合には、民法の規定により相続人になれる人と順位が決められています。この相続人のことを法定相続人と規定しています。

法定相続人

 法定相続人の対象は配偶者相続人と血族相続人とされています。遺言がない場合はこの法定相続人による遺産分割協議により遺産の分割が決められます。
 もしも遺産分割協議によりまとまらなかった場合はあらかじめ民法で規定されている法定分割分に基づいて分割されます。

配偶者相続人
該当者該当条件
配偶者 被相続人と正式な婚姻関係にある妻又は夫が該当します。
 内縁の妻又は夫(一緒に生活していても婚姻届未提出)は該当しません。

※配偶者相続人の場合は必ず相続人となることができます。

血族相続人
優先
順位
該当者該当条件
 被相続人の子が該当します。また養子、胎児も該当します。
 被相続人の子が既に死亡していた場合はその子(被相続人の孫)が該当します(代襲相続)。
直系尊属 被相続人の父母が該当します。
 父母が既に死亡している場合は祖父母が該当します。
兄弟姉妹 被相続人の兄弟姉妹が該当します。
 兄弟姉妹が既に死亡している場合は甥姪が該当します(代襲相続)。

※血族相続人の場合は上の表のように優先順位が定められており、1に当てはまらない場合は2が相続人となり、2が当てはまらない場合は3が相続人となるように定められております。
 この優先順位により血族相続人の対象が変わってきます。

代襲相続
 血族相続のところで代襲相続という言葉がでてきました。これは相続人に当てはまる人が被相続人より先に死亡していた場合、その人に変わってその子どもが相続人になることをいいます。
 代襲相続が適用されるのは被相続人の子と被相続人の兄弟姉妹です。

 しかし、被相続人の子ではその孫、更にはひ孫、更にはそのひひ孫と無制限に適用されるのに対して、被相続人の兄弟姉妹はその甥姪までしか適用されない違いがあります。
 
 ファイナンシャルプランナー試験合格目指して頑張っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<リスク管理 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 法定相続分>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |