法定相続分


スポンサーリンク


 相続では遺族による遺産分割のトラブルをよく聞きます。そのような時のために民法では法定相続分というものを定めています。


法定相続分
 法定相続分とは遺言が無い場合、遺産分割協議(法定相続人による遺産の話し合い)でまとまらなかった場合、遺産の分割割合を民法で規定したものです。
※遺言がある場合には遺言に基づいて相続されますので以下はあてはまりません。

 この法定相続分についてはファイナンシャルプランナーの試験でも出題される可能性が高いのできちんとおさえておきましょう。

 相続ができる対象者である法定相続人には配偶者相続人と血族相続人がいることを相続の基本的規定でみてきました。
 配偶者相続人は必ず相続でき、血族相続人は優先順位が決まっていたました。その優先順位は「子」、「直系親族」、「兄弟姉妹」でした。

 つまり、「子」がいる場合は子が相続、「子」がいなくても「直系家族」がいる場合には直系家族が相続、「子」も「直系家族」もいない場合には「兄弟姉妹」が相続するということです。
詳しくは→相続の基本的規定
 
 条件により相続する割合が変わってきますので様々な例を挙げながら法定相続分をみていきましょう。

法定相続分具体的例

1.A死亡→Aの配偶者とAの子がいる
配偶者 1/2子 1/2

※子が複数居た場合は1/2から人数で分割
(Aの子が2人いるの場合)
母 1/2子 1/2子 1/2


2.A死亡→Aの配偶者は既に死亡、Aの子が4人いる
子 1/4子 1/2 子 1/2子 1/2


3.A死亡→Aの配偶者とAの父が生きている、子はいない
配偶者 2/3Aの父 1/3

(Aの両親が生きていた場合)
配偶者 2/3 Aの父 1/6Aの母 1/6


4.A死亡→Aの配偶者とAの兄が1人がいる、子はいない、Aの両親は既に死亡
配偶者 3/4 Aの兄 1/4

(Aの兄1人と妹1人がいる場合)
配偶者 3/4 Aの兄 1/8Aの妹 1/8


5.A死亡→独身、Aの両親が生きている
Aの父 1/2Aの母 1/2


 このように法定相続人の対象により相続割合が変化してきます。
 配偶者と子は1/2、配偶者と直系家族は2/3と1/3、配偶者と兄弟姉妹は3/4と1/4というように変化していきます。
 
 ファイナンシャルプランナー試験でこの問題が出た場合、割合を覚えていないと解けないので必ず覚えておきましょう。

 ファイナンシャルプランナー試験合格目指して頑張りましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<相続の基本的規定 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 遺言>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |