タックスプランニング概要


スポンサーリンク


 タックスプランニングからはじめていきます。

 皆さんと一緒に勉強してFPファイナンシャルプランナーに合格できたらいいですね。

 この前FP3級試験内容について説明したけど・・・
 見ていただけたでしょうか?
 もしまだ見られていない方はFP3級試験範囲をご覧ください。
 タックスプランニングから勉強するのが効率がいいということだからタックスプランニングからはじめていきたいと思います。
 それではタックスプランニングとはどんな分野なんでしょう。
 タックスプランニングを日本語訳すると
タックス=税金、課税する プランニング=計画
ということだから、税の仕組みとか計算方法を学んで税金の計画をできるようにしようという分野です。
 この分野はファイナンシャルプランナーの試験対策だけではなく、日常の生活に身近な税制度を知ることにより節税対策にもなるという非常に学ぶ価値のある分野です。
 FPファイナンシャルプランナー試験でも非常に大切な分野で理解できていると得点大幅アップできるのでしっかり学んでいきましょう。

 タックスプランニングの分野で求められるのは以下の項目です。
1. わが国の税制
2. 所得税の仕組み
3. 各種所得の内容
4. 損益通算
5. 所得控除
6. 税額控除
7. 定率減税
8. 所得税の申告と納付
9. 個人住民税
10. 個人事業税
11. タックスプランニングの最新の動向
 これらの項目を全てみていったのでは時間がかかりすぎるので重要分野を効率よく学んでいきたいと思います。
 FPファイナンシャルプランナー合格目指して皆さん頑張っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<FPファイナンシャルプランナー試験3級お薦めの参考書・問題集 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | タックスプランニング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |