遺言


スポンサーリンク


 遺言は一生の内に一度書くか書かないかのものです。遺言とはどのようなものでしょうか。


遺言とは
 遺言とは亡くなった方の意思表示をするものです。遺言に書く内容は何を書いても自由です。しかしこの遺言に法的効力を持たせようと思えば、次の事項を守る必要があります。
 
・遺言者は満15歳以上であること
・法律に定める遺言の方式で書くこと
・遺言者は遺言するときにその能力を有していること

 相続などの遺産の分割などは法的効力を持ちますが、遺言全てに法的効力があるかわけではありません。例えば「今後は兄弟で仲良く支え合って生きていきなさい」など、道義上のものは法的効力はもちません。

遺言による相続
 遺言で相続について書くと書かないのではどのような違いがあるのでしょうか。 

被相続人が遺産分割を決められる
 前回まで法定相続分による遺産分割をみてきましたが、これは遺言がなかった場合の遺産分割を規定したものです。
 ここでは遺産分割割合について規定されていましたが、遺言を書くことにより遺産分割を自由に決めることができます。

相続人を自由に決められる
 遺言がなかった場合は法定相続人は「配偶者」、「子」、「直系家族」、「兄弟姉妹」でしたが、遺言を書くことによりこれ以外の人にも相続を行うことができます。
 例えば内縁の妻・夫などは法定相続人の対象外でしたが、遺言を書くことで法定相続人以外にも財産を渡すことができます。このように法定相続人以外の人が財産を引き継ぐことを遺贈といいます。

遺留分
 ここまでを見ると、遺言を書くことにより遺産分割を自由に決められ、法定相続人以外にも遺贈することができることがわかりました。
 遺言を書くと法定相続人以外に全財産を全て遺贈することができます。それでは残された法定相続人(家族)はどうすればよいのでしょうか。
 このような時のために遺留分という制度があります。これは相続人が不利益な事態を防ぐため相続人の遺産取得割合を規定したものです。
 この制度を使うことにより、「自己の遺留分の範囲」まで財産を返還する請求を行うことができます。
 
遺留分の割合
 遺留分の割合については以下の通りです。
相続人遺留分
直系尊属だけがが相続人である場合1/3
配偶者や子どもがいる場合1/2


 遺言で内縁の妻に全財産を遺贈するとしてあった場合、どれだけ遺留分があるかみていきましょう。
1.遺言で内縁の妻に全て遺贈と規定
内縁の妻


2.配偶者のみの遺留分
内縁の妻 1/2配偶者 1/2


3.配偶者は死亡、子1人の遺留分
内縁の妻 1/2子 1/2


4.配偶者と子1人の遺留分
内縁の妻 1/2配偶者 1/4子 1/4


5.配偶者と子2人の遺留分
内縁の妻 1/2配偶者 1/4 子 1/8子 1/8


6.配偶者と父母の遺留分
内縁の妻 1/3 配偶者 1/3父 1/6母 1/6


7.配偶者死亡、父の遺留分
内縁の妻 2/3父 1/3


8.配偶者が死亡、父母の遺留分
内縁の妻 2/3父 1/6母 1/6


 遺留分については少しわかりづらいかもしれませんが、ゆっくり整理しながらおさえておきましょう。また、この遺留分についてはこの範囲内は相続できる権利であるため必ずしも遺留分を請求する必要はありません。

 ファイナンシャルプランナー試験合格目指して頑張っていきましょう。

blogランキング参加中。応援お願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
<<法定相続分 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 遺言書の種類>>
コメント
師走の忙しさ、そして他ブログ更新の忙しさを口実にすっかりご無沙汰しております。ごめんなさい。
今日の記事は力作ですねー。とても分かりやすいです。
あっ、リンクこっそり張らせてもらいました。(事後報告です。ごめんなさい)
【2005/12/21 16:41】 | ゆうちゃんパパ #- | [edit]
 ゆうちゃんのパパ様
ありがとうございます。今まで自分勝手に書いていたと思い、少し丁寧に書くようにしました。
リンクありがとうございます。早速私もリンクをさせていただきました。
【2005/12/21 17:06】 | hitu #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |