遺言書の種類


スポンサーリンク


 遺言にはいくつかの種類があります。その種類をみていきましょう。


遺言の種類
 遺言には大きくわけると特別方式と普通方式の2つの形式の遺言があります。

特別方式
 遺言者が危篤状態など限られた条件のときの場合に使用される方式で通常は使用されせません。

普通方式
 普通方式の遺言には「自筆証言遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。その概要についてみていきましょう。
種類作成方法概要
自筆証書遺言遺言者が全文自筆で書き押印するのみで作成。証人不要最も簡単な作成方法のため、偽造などの問題も発生する場合がある。また内容不備で遺言が無効になることもある。
公正証書遺言遺言者の後述により公証人がが筆記し作成。証人2人以上必要。証人が2人のため偽造の心配がないが、手続きが必要なことと、証人から遺言の内容が外部に漏れる可能性がある。
秘密証書遺言本人又は代筆、ワープロにより作成。公証人1人、証人2人以上必要証人が2人以上いるため偽造の心配がない上、自分で作成できるので内容は秘密にできるが、手続きが必要なことと内容不備のため遺言が無効になることもある。


 このように3種類の作成方法ありますが、遺言の内容を自分の秘密にし、なおかつ簡単に作成したいときは「自筆証書遺言」を選択し、手続きが大変だが偽造を防ぎたいときは「公正証書遺言」を選択するという大きく2通りの選択があります。「秘密証書遺言」はその2つの中間の作成方法といえます。

 「自筆証書遺言」と「秘密証書遺言」は自分で作成するため、法律の沿った書き方をしなければ内容不備でせっかく作成した遺言も無効になりますので注意が必要です。

 なお、遺言は1度作成したものでも遺言者の意思により自由に取り消したり、新しい内容のものに作成しなおすことは可能です。

 ファイナンシャルプランナー試験目指して頑張っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<遺言 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 相続の種類>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |