相続の種類


スポンサーリンク


 相続人は全ての財産を引き継ぐものですが、これには借金などの負の財産も含まれています。この負の財産も引き継がなければならないのでしょうか。


相続の承認
 相続をする場合には負の財産も引き継がなければいけません。プラスの財産とマイナスの財産があり、プラスの財産が多ければ引き継いでも困ることはないかと思いますが、マイナスの財産が多かった場合は相続人は困ってしまいます。
 このようにマイナスの財産が多かった時に困らないために民法では次の3つの相続の方法が規定されています。

単純承認
 最も一般的な相続方法で、特別な手続きは要りません。相続開始3ヶ月以内に何も手続きをしない場合には自動的に単純承認となります。単純承認ではマイナスの財産が多い場合は相続人が返済しなければいけません。

相続放棄
 被相続人の財産の全てを放棄し、一切の財産を相続しない方法です。相続放棄をする場合は相続開始3ヶ月以内に手続きをする必要があります。相続放棄をするとマイナスの財産が多い場合でも返済する必要はありません。

限定承認
 限定承認とはプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ相続方法です。限定承認を行う場合は相続開始3ヶ月以内に相続人全員が手続きをする必要があります。1人でも限定承認を行わない場合は適用されません。

 相続の方法を選択するためにはいずれも3ヶ月以内に手続きを行う必要があり、これを行わない場合は単純承認として自動的に行われます。

 これはファイナンシャルプランナー試験だけではなく日常でも知っておくと役に立つことですので是非覚えておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<遺言書の種類 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 国の家計簿>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |