相続税の計算


スポンサーリンク


相続または遺贈により財産を取得した場合も課税の対象となります。どういった方法で計算されるのでしょうか。


相続税とは


相続税とは相続または遺贈により財産を取得した人に対して課せられる税金です。相続とは法定相続人が財産を引き継ぐこと、遺贈とは遺言などで法定相続人以外の人が財産を引き継ぐことをあらわしています。

相続税の総額の計算方法


相続税の計算方法は以下の手順で計算していきます

1.各人の相続税の計算方法
相続や遺贈により財産をもらった人ごとに下記の計算方法で相続または遺贈に伴う課税価格を求めます。
相続又は遺贈により取得した財産の価額みなし相続財産の価額非課税財産の価額相続時精算課税に係わる贈与財産の価額
債務及び葬式
の費用の額
被相続人からの
3年以内の贈与
財産の価額
各人の課税価格


言葉だけみてもわかりづらいものについては簡単に説明していきます。

 みなし相続財産
死亡時には被相続人の財産ではなくても、死亡によって相続人の財産となるものです。例えば生命保険などがこれに当たります。

 非課税財産
生命保険などがこの非課税財産にあたります。これは相続人のみがが適用され次の計算方法で非課税財産の金額が決められます。

500万×法定相続人の数=非課税限度額

2.相続税の総額の計算方法
上記1で求めた課税価格は各人のものであったのでそれを合計したものが課税価格の合計額となります。

そのためここでは各相続人の課税価格を全て合計します。

3.課税遺産総額
上記2で求めた課税価格の合計額から基礎控除額を差し引き、課税される遺産の総額を計算します。

課税価格の合計額-基礎控除=課税遺産総額

※基礎控除=5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

4.各相続人の取得金額
上記3で求めた課税遺産総額に各法定相続人の法定相続分を掛けた金額が各相続人の取得金額となります。

課税遺産総額×各法定相続人の法定相続分=各相続人の取得金額

相続税の算出
上記4で求めた各相続人の取得金額に税率を掛けるたものが相続税の基となる金額となります。

各相続人の取得金額×税率=相続税の基となる金額

この式は各相続人の算出税額であるので相続税の総額を求めるには各人の相続税の基となる金額を合計する必要があります。 

各人の相続税額の計算


相続税の総額の計算ができましたら、各人の相続税額の計算を行う必要があります。これは以下の式で求めることができます。

相続税総額×各人課税価格÷課税価格の合計額=各相続人等の税額

各人の納付金額の計算


上記で計算した各相続人等の税額から各種控除を差し引きしたものが実際に納める納付金額となります。

少し手順が多くて複雑に感じたかもしれませんが、相続税額の計算方法についてはファイナンシャルプランナーの試験で出題される可能性の高い問題ですので計算できるようにきちんと理解しおきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<国の家計簿 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 贈与税>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |