暦年課税


スポンサーリンク


贈与税は課税方法を2つから選択することができます。今回はその1つである暦年課税についてみていきます。


暦年課税


暦年課税を選択した場合、贈与税は財産をもらった者の1年間(1月1日~12月31日)の財産から基礎控除の110万円を差し引いた残りの額に対して課税されます。計算式は以下の通りです。

(贈与額-基礎控除)×税率-控除額=贈与税額

税率と控除額については以下の表をご覧ください。
基礎控除後の課税価格税率控除額
200万円以下10%
300万円以下15%10万円
400万円以下20%25万円
600万円以下30%65万円
1,000万円以下40%125万円
1,000万円超50%225万円


贈与財産が500万円の場合を例にとって税額計算を行ってみましょう。

(贈与額-基礎控除)×税率-控除額=贈与税額
(500-110) ×20%-25=贈与税額
   390    ×0.2-25=贈与税額
   78         -25=贈与税額
           
贈与税額=53万円

なお、相続時精算課税を選択した場合については
→相続時精算課税をご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<贈与税 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 相続時精算課税>>
コメント
この計算あってる??税率30%65万控除では? 
俺まちがってる??
【2009/01/06 23:49】 | 通りすがりの者 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |