所得税の概要


スポンサーリンク


 ファイナンシャルプランナー試験を学んでお金プロになりましょう。
 今回は所得税の概要についての勉強です。


 所得税とは、個人の所得に対してかかる税金です。
 私たちは仕事をしたりして給料という形でお金をもらいますが、全額私たちの手元に入るわけではないですよね。
 これは勿論、社会保険など色々な項目で差し引かれていると思います。この差し引かれる金額の中に所得税が含まれています。
 この所得税というものは、所得の金額全額に対してかかるのではなく、所得の金額から各種の所得控除を差し引いた金額に課税されます。

 それでは所得税はどんな種類があるのでしょうか。私たちは給与以外にも色々な種類の所得があると思います。給与だけが収入の全てという方はいないと思います。

 所得の種類は以下の10種類に分類されます。
①利子所得
②配当所得
③不動産所得
④事業所得
⑤給与所得
⑥山林所得
⑦退職所得
⑧譲渡所得
⑨一時所得
⑩雑所得

 FPファイナンシャルプランナー試験ではこれら10種類を細かく暗記しなさいっていうわけではありません^^
 ただし全く覚えないでいいわけではなくこれら10種類の名前と特徴がある程度把握できるようにしておきましょう。

 今後10種類についてそれぞれ特徴をみていきます。
 
 FPファイナンシャルプランナー試験に向けてしっかり勉強していきましょう。  

 次回は所得税の税率についてみていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<日本の税制の概要 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 所得税の税率>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |