贈与税


スポンサーリンク


贈与税とは一体どんな税金なのでしょうか。


贈与税


贈与税とは個人から財産をもらったときにかかる税金です。これは財産をもらった場合だけではなく、非常に安い金額で財産を売ってもらった場合にはその差額について贈与税が適用され、また自分が負担していない保険料を受け取った場合などにも贈与税は適用されます。

なお、贈与税の課税方法には以下の2通りの課税方法がありどちらか選択することができます。

暦年課税
相続時精算課税

贈与税の申告と納税


贈与税の申告と納税は財産をもらった人が翌年の2月1日~3月15日までに確定申告を行い納税する必要があります。

贈与税も他の税金と同じく金銭で納めるのが原則ですが、納めるのが難しい場合には延納という納税方法があります。
これは条件に当てはまる場合、5年以内の年賦で納税する方法です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<相続税の計算 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 暦年課税>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |