土地家屋の評価


スポンサーリンク


土地や家屋の評価の方法についてみていきます。


土地の評価方法


土地の評価をする方法には2の方式があります。それぞれについてみていきます。

1.路線価方式
道路ごとに1㎡当たりの路線価の金額が決められており、その路線価に土地の面積を掛けて評価額を出す方式です。

路線価×土地の面積=評価額

2.倍率方式
固定資産税の評価額に国税局が定めている倍率を掛けて評価額を出す方式です。

固定資産税の評価額×一定の倍率=評価額

これらの路線価及び倍率は地価の動向により毎年見直しが行われています。

お知りになられたい方は国税庁HPをご覧ください。

家屋の評価方法


家屋の倍率方式がとられており、その倍率は1.0です。そのため固定資産税評価額がその土地の評価額となります。

固定資産税評価額=評価額



このエントリーをはてなブックマークに追加
<<財産評価概要 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 宅地の評価>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |