上場株式の評価


スポンサーリンク


上場株式の評価方法についてみてきます。計算方法はありませんので簡単です。


上場株式とは証券取引所に公開されている株式のことをいいます。

上場株式を相続または、贈与する場合に財産としての評価方法は、相続の場合は被相続人が死亡した日、贈与の場合は贈与を受けた日の最終価格によって評価します。

しかし、以下の価格が上記の価格よりも低い場合はその最も低い価格が評価額となります。

・課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
・課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
・課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

上場株式の場合は特別な計算式に当てはめる必要がありませんので、この項目について覚えておけば相続や贈与の場合に上場株式を評価することができます。

ファイナンシャルプランナー試験合格目指して頑張りましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<宅地の評価 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | ゴルフ場会員権の評価>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |