所得税の課税制度


スポンサーリンク


 FPファインシャルプランナー合格に近づくため今日も勉強していきます。
 今回は所得税の課税方法です。


 前回、前々回を読んでいただくと所得税の概要で種類がわかり、所得税の税率で課税される税率がわかったと思います。
 
 FPファイナンシャルプランナー試験としての知識以外に知っておきたいところなので、まだ読まれていない方は是非ご覧ください。
 
 前回、課税される所得税の金額を求める式について説明しましたが、実際には所得の種類は10種類あったと思います。そのためその所得の種類により課税方法は異なり、計算方法も異なってきます。

 そのため10種類の各種所得についてみていく必要があるわけですが、ここでは大まかな課税方法をみていくことにしましょう。
 
 所得税は原則として全ての所得を合計して課税される総合課税という課税方法がとられています。

 総合課税とは反対に所得の種類によって所得単独の計算方法で課税金額を計算する申告分離課税という方法、源泉徴収により課税が終了する源泉分離課税課税方法もあります。

 詳しくは・総合課税
      ・申告分離課税
      ・源泉分離課税
をご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<所得税の税率 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 利子所得の計算方法>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |