生命保険の種類


スポンサーリンク


生命保険の種類は複雑そうに思いますが、実際は基本となるもの3つしかありません。


生命保険会社は様々な種類の保険を用意していてどれに加入したらよいかわかりづらいかもしれません。

生命保険の基本は定期保険終身保険養老保険の3つの保険です。これらの基本となる保険を主契約といいいます。

これに様々な特約が組み合わされているため多くの種類があるように感じてしまいます。特約とは保障内容を充実させるために主契約に対して新たに契約を付加することで、大きく分けて「死亡保障」と「医療保障」があり、保険額を加算したり割増することができます。

定期保険


定期保険の主な特徴は以下の通りです。

・保険期間一定
・保険期間中に死亡・高度障害となった場合に保険金が支払われる
・掛け捨てで満期保険金がない
・満期保険金がないため保険料の掛け金が安い

※定期保険は掛け金は一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、保険料が減っていくタイプや増えていくタイプもあります。

終身保険



・保険期間は終身(払込み期間は一定だが、保障は終身)
・保険期間終了後も死亡・高度障害になった場合に保険金が支払われる
・掛け捨てで満期保険金はない
・満期保険金はないが期間の経過に応じて解約払戻金が増加するので貯蓄性も兼ねている

※終身保険に定期保険を上乗せした定期保険特約付終身保険というものもある。
これは死亡保障を一定期間だけ大きくした保険です。

養老保険


・保険期間一定
・保険期間中に死亡した場合は保険金が支払われる
・保険期間終了し、満期時に生存していた場合は満期保険金が支払われる
・死亡保険金と満期保険金は同額

生命保険はこの3つ種類の保険が基本となっています。ファイナンシャルプランナー試験でも必ずこの分野の問題は出題されると思いますのでしっかり整理しておきましょう。

またファイナンシャルプランナーの試験を受験されない方も生命保険について知っておくとこれからの保険の見直しにもつながりますので知っておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<生命保険の基本的仕組み | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | その他の生命保険>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |