保険契約の見直し


スポンサーリンク


保険は契約したらそのままではありません。その時の生活状況に合わせて見直しをすることも必要です。


保険金は万が一の時のために必要なものですが、その保険料により、普段の生活がとても苦しくなってしまうようでは本末転倒になってしまいます。

はじめは払えていた保険料ですが、その時の生活状況によって払えなくなる場合も生じてくると思います。

そして保険の見直しをしたい方を考えると思いますが、ここで安易に解約してしまおうというこは考えないでください。これは緊急な場合は行う必要があるかもしれませんが、他にも保険料を減額したり、支払いをやめても保険を継続する方法もあります。

ここでは保険料の支払いが困難になった場合の保険の見直し、変更方法についてみていきます。

保険料を減額する


一番単純な方法は必要な保障額を再検討し、保険料を少なくするという方法があります。これは保険料が減額できますが、その分保障額も減額されます。

延長保険


これは従来の保険から延長保険という保険に変更する方法です。どういったことかというと従来支払っていた保険料の支払いを中止し、その時点での解約払戻金をもとにして、従来の保障額は変更しないで一時払いの定期保険に変更する方法です。

保険料は支払わなくていいし、従来の保険の保障額は同じなのでこれはいい制度だと思われるかもしれませんが以下のような特徴があります。

・以後の保険料の支払いは行わなくてもいい
・従来の保険と保障額は同じ
・従来の保険についていた特約がなくなる
・従来の保険よりも保険期間が短くなることがある

保険料の支払いがなく保障額が同じなわけですから、勿論保障期間が短くなってしまうのは仕方がないかもしれません。

払済保険


これは従来の保険から払済保険へ変更するという方法です。これも上の延長保険と同様に従来の保険料の支払いを中止して、その時点での解約払戻金をもとに保険期間は従来の保険と同じで保障額の少ない保険(養老保険など)に変更する制度です。

これには以下のような特徴があります。

・以後の保険料の支払いは行わなくてもいい
・従来の保険期間と同じ
・従来の保険についていた特約がなくなる
・従来の保険よりも保障額が少なくなる

こちらは保険期間はそのままで保障額が少なくなるという変更方法です。

現在保険料が支払うことができなくて保険の解約を考えている方は、解約を行う前に延長保険、払済保険へ変更する方法もあるということを検討してください。

以後の保険料を支払う必要がなくなるためとてもお得なように感じますが、どちらとも従来の保険についていた特約が変更後はなくなってしまうのでその点には特に注意する必要があります。

復活制度


保険料を支払うことができずに、支払いを行わないと生命保険契約の適用が行われなくなってしまいます。これを失効といいます。失効してしまうと以後、失効した生命保険からの保障はなくなってしまいます。

しかし失効してしまった生命保険でも条件を満たすことにより失効を取り消すことができます。これを復活といいます。

復活をするためには以下の条件が必要になります。

・失効後一定期間内である(一般的には3年以内。契約により異なる。)
・被保険者の健康状態に異常がない(医師の審査または告知が必要)

保険料の支払いをやめてしまっている方はこの復活という制度もありますので覚えておいてください。

ファイナンシャルプランナー試験でも必ずこの分野は出題されます。特に変更保険、払済保険への変更の特徴、復活の条件は覚えておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<その他の生命保険 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 個人年金保険>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |