個人年金保険


スポンサーリンク


個人年金保険についてみていきます。


年金と聞くと国民年金や厚生年金、共済年金などの公的年金がまず浮かんでくると思います。

現在少子高齢化により公的年金にはひずみが生じ初めているため、老後の資金に関して不安に感じておられる方が多いと思います。

そのため、老後の蓄えについても自分で行うことの必要性がますます高まってきます。

その一つの方法が生命保険会社が行っている個人年金保険のという商品です。

個人年金保険には主に次の4種類があります。それは有期年金、確定年金、終身年金、夫婦年金です。

有期年金


あらかじめ保証期間を定め、その期間中に被保険者が生きていれば年金が支払われます。そのため被保険者が死亡した場合は保証期間中であっても年金は支払いは中止されます。

被保険者が生きていても、保証期間が終了すれば年金の支払いは終了となります。

保証期間中に被保険者が死亡した場合、残りの保証期間中の年金、または一時金が遺族に対して支払われる保証期間付有期年金保険もあります。

確定年金


あらかじめ保証期間を定め、その期間中は被保険者の生死に関係なく年金が支払われます

保障期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間は年金または一時金が遺族に対して支払われます。

終身保険


被保険者が生きている間は、一生涯年金が支払われます。被保険者が年金を受け取り開始後、早期に死亡した場合は、払込みをした金額が多く、受け取った金額が少なくなることがあります。

そのため保証期間を設定し、その期間中に被保険者が死亡した場合は残りの保証期間に対応する年金または一時金が遺族に対して支払われる保証期間付終身年金もあります。

夫婦年金


夫婦のうちいずれかが生きている限り年金が支払われます。保証期間が設定されているものが多く、夫婦二人が死亡した場合は残りの保証期間分の年金が遺族に対して支払われます。

また、生命保険と同じように株式などの資産運用を行い、その運用結果によって受け取り金額が変動する変額タイプの変額年金保険もあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<保険契約の見直し | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 第三分野の保険>>
コメント
ご無沙汰してました。
…と、いつの間にか本当に充実してきたですね。すごいすごい。
僕はもうすぐ過去問を解き終わりますので、終わったらこちらで勉強させてもらいますねv-91
【2006/01/30 14:57】 | ゆうちゃんパパ #- | [edit]
ゆうちゃんのパパ様
ありがとうございます。
まだまだ上手く説明できていませんが、これからも宜しくお願いします。
【2006/01/31 00:19】 | hitu #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/01/31 13:19】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |