生命保険と課税


スポンサーリンク


生命保険も課税の対象となります。


前回の生命保険と控除で、生命保険の掛け金として支払ったお金は税金の控除の対象となるということについてみていきました。

今回は生命保険を実際に受け取った場合の課税制度についてみていきます。

生命保険は掛け金を支払っている人、生命保険の被保険者、受け取り人により、相続税、所得税、贈与税と税金の種類が異なってきます。

これについて夫、妻、子の3人を例にとり整理してみていきましょう。

パターン1
・契約者(生命保険の掛け金を支払っている人)は夫
・被保険者(生命保険の対象となっている人)は夫
・受け取り人(生命保険を受け取る人)は相続人

この場合の税金は、相続税が課税されます。
なお、この場合500万円×法定相続人の人数まで控除を受けることができます。

※相続人でない者が保険金を受け取った場合は控除を受けることはできません。

パターン2
・契約者:夫
・被保険者:妻
・受け取り人:夫

この場合は所得税と住民税の一時所得として課税されます。この場合受け取る保険金から払込んだ保険金を差し引き、そこから50万円を差し引いた金額が一時所得となります。

パターン3
・契約者:夫
・被保険者:妻
・受け取り人:子

この場合は贈与税として課税されます。この場合は受け取る保険金から基礎控除の110万円を差し引いた金額が贈与税の課税対象となります。

パターンはこの3つだけですので、それぞれのパターンによりどの税金が課税されるのかしっかり覚えておきましょう。
ファイナンシャルプランナー試験でもよく出題される問題です。確実に点をとれるようにしておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<生命保険と控除 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 損害保険の基本的仕組み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |