損害保険と控除


スポンサーリンク


損害保険の控除についてみていきます。


損害保険の保険料として支払った金額は生命保険の控除と同様に控除の対象となります。

控除の対象となる金額は、その年(1月1日~12月31日)に保険料として支払った金額からその年に受けた剰余金や割戻金を差し引いた金額になります。

控除の金額



生命保険料の控除と同様に所得税と住民税では控除される金額が異なります。

また損害保険の場合、控除される金額は損害保険が「長期契約(10年以上の契約で満了時に満期返戻金が支払われる契約)」「短期契約(長期契約以外の契約)」により控除の金額は異なります。

所得税
長期契約の場合は最高15,000円が控除の対象となります。

短期契約の場合は最高3,000円が控除の対象となります。

また長期と短期の契約がある場合は長期と短期でそれぞれ求めた金額を合計した金額が控除の対象となります。ただし控除の対象となるのは最高15,000円までです。

住民税
長期契約の場合は最高10,000円が控除の対象となります。

短期契約の場合は最高2,000円が控除の対象となります。

また長期と短期の契約がある場合は長期と短期でそれぞれ求めた金額を合計した金額が控除の対象となります。ただし控除の対象となるのは最高10,000円までです。

ここでは控除できる最高の金額を記載しましたが、控除できる金額の求め方は下記をご覧ください。

所得税の控除金額の求め方(長期契約)
年間払込保険料控除される金額
10,000円以下支払金額
10,000円超20,000円以下(払込保険料×1/2)+5,000円
20,000超15,000円


所得税の控除金額の求め方(短期契約)
年間払込保険料控除される金額
2,000円以下支払金額
2,000円超4,000円以下(払込保険料×1/2)+1,000円
4,000円超3,000円


住民税の控除金額の求め方(長期契約)
年間払込保険料控除される金額
5,000円以下支払金額
5,000円超15,000円以下(払込保険料×1/2)+2,500円
15,000円超10,000円


住民税の控除金額の求め方(短期契約)
年間払込保険料控除される金額
1,000円以下支払金額
1,000円超3,000円以下(払込保険料×1/2)+500円
3,000超2,000円


本番のファイナンシャルプランナー試験では、この問題が出題される場合はこの表は記載されていますので覚える必要はありませんが、この表を使って損害保険の控除の金額を求めることができるようにしておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
<<火災保険の種類 | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ | 実技はどちらを選択?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |