[よくある質問]Q&A

  1. ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の一部合格はいつまで有効?(02/07)
  2. FP技能士センターには登録した方がいいの?(02/12)
  3. ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?(02/20)
前のページ

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の一部合格はいつまで有効?

 一部合格の有効期限は、合格した年度の翌々年度末までです。一部合格は翌々年度迄

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験では、学科試験又は実技試験のいずれかに合格した場合は一部合格という扱いなります。例えば3級の学科試験にのみ合格した場合に、次回3級を受験するときは学科試験は免除され、実技試験のみの受験でいいというものです。そして実技試験に合格した際には、3級の合格証書が発行されます。
 ただし、この有効期限内に実技試験を合格できなければ、再度学科試験から受験する必要があります。

 ※一部合格による試験免除を次回以降の受験で適用するには、試験申込み時に免除申請が別途必要になりますのでご留意ください。



FP技能士センターには登録した方がいいの?

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士資格は合格したら、有効期間や更新も不要で一生有効となる資格です。そのためFP技能士センターへの登録は任意です。
 FPの実務に携わっている方は、継続学習と最新情報の入手が必須となりますので、登録しておいた方がいいでしょう。
 反対に実務に携わっておらず、また登録しようか迷っているくらいの状況で特に必要性を感じない方は、年会費も発生しますので登録しなくてもいいと思います。
 またファイナンシャル・プランニング(FP)技能士資格だけでなく、AFP資格やCFP資格も合わせて取得している方はそちらで継続学習・更新制度が用意されていますので、FP技能士センターへの登録は個人の必要性に応じて行ってください。

ファイナンシャル・プランニング技能士センターへの登録は必要?

 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士は試験合格後には登録や更新をしなくても資格を保持することは可能です。しかし、実務を行ううえでは、継続的な学習や最新情報を入手することが非常に大切なことです。
 そのため、ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士合格者を対象に指定試験機関のひとつである金融財政事情研究会では「ファイナンシャル・プランニング技能士センター(FP技能士センター)」を創設し、FP技能士をバックアップしています。

⇒続きを読む
前ページ | ファイナンシャルプランナー試験TOPへ |